障がい者雇用への取り組み

東京都障害者雇用優良企業ロゴマーク当社は 『ヒトにバリアフリー物流』 をスローガンに障害者の雇用を推進しています。
知的障がい者雇用では、現在重度障がい者2名、軽度障がい者3名が戦力として活躍しており、平成22年には東京都から表彰されています。

ヒトにバリアフリー物流とは

高齢者、障がい者など、ハンディキャップを持つ人のために、特別な作業工程をつくり健常者と隔ててしまうのではなく、むしろ健常者も障がい者も分け隔てなく作業し易いように配慮し工夫し、改善を重ねていく物流現場を意味します。

障がい者雇用の意味

  • 知的障がい者は真面目で手抜きをしないので、現場の社員に良い影響を与えています。
  • 大きな声で挨拶するなど、健常者がむしろ見習うべきところがあり、良い刺激を与えています。
  • 怪我を防止するため整理・整頓・清掃を充分に徹底しているので、
    皆が安全に働き易くなっています。
  • 障がい者にもわかりやすいように仕事を明確化することは、業務の無駄が明らかになり、コスト削減につながっています。
  • 障がい者と一緒に働くのは健常者の心が優しくなくては続かないので、自然と人に優しい社員が増えていきます。

バリアフリー物流と社会貢献

ひとりの障がい者を施設で養うと年間500万円かかると言われています。その障がい者が働いて、逆に税金や社会保険費を支払うことができる仕事環境を創出しているのは、社会貢献になっている、と自負しています。

重度障がい者は3年かけて成長する

1年目
  • 現場の環境や雰囲気に慣れさせるレベル
  • 何かを自発的に始める気持ちだけ先行するが、
    健常者のマネはできないレベル
2年目
  • 仕事の流れを聞いて理解し始めるレベル
  • 健常者のマネができるようになるレベル
3年目
  • 物流の流れが体でわかり、
    失敗しながらも積極的に参加するレベル
4年目
  • 現場の仕事で健常者との差がなくなるレベル
  • 自分の身の周りのことを自分から進んでやるレベル
  • やっていいことか、やってはいけないことか、
    の自覚が芽生えるレベル
  • 落ち着いた行動ができるレベル

ウィニングで働く障がい者の母親からの励ましの言葉

『働くことは生きること。
人が人であることをやめないために
人は働く、と信じています。』

雇用している企業の情報の共有化をはたす

全国重度障害者雇用事業所協会ロゴマーク全国重度障害者雇用事業所協会(全重協)の関東・甲信越ブロックの会員として、障がい者を雇用している企業と情報を共有化しており、障がい者と企業が Win-Win になる方向を常に考え、行動に移しています。

東京都教育委員会感謝状

お問い合わせ

海外転送サービス
はじめて発送代行を
利用される方へ。発送代行のメリットをご紹介します!
乗り換えを検討される方へ。当社が選ばれている理由をご紹介します!
お客様の声 多くのお客様からお喜びの声を頂いております!一部をご紹介します。

過去の記事

プライバシーマーク認定 第10860425(6)号

プライバシーマークを過去5回更新。お客様の大切な個人情報を守り抜いてきた実績があります。第10860425(06)号

東京都障害者雇用優良企業ロゴマーク全国重度障害者雇用事業所協会ロゴマーク

ヒトに 
バリアフリー物流

上記スローガンをかかげ障害者の雇用を推進しています。平成22年には東京都から表彰されました。